不倫 浮気 愛人

不倫、浮気、愛人は似ているようで実は違う!しっかりとした定義はあるの?

不倫は既婚者に対して恋愛を行う行為です。お互い結婚している場合はW不倫になってしまいます。
不倫は浮気や愛人と違い、行うと民事での慰謝料請求を受ける事があるので、注意が必要です。
社会的にも不倫は発覚してしまうと制裁を受けてしまいます。場合によっては職を失う可能性も出てきます。
職を失うと生活がままならないばかりか、再就職するにも同じ業界だと話が知れ渡っている可能性も出てきます。
更にパートナーと関係が修復できれば良いですが、関係を修復するのは容易ではありません。
離婚になってしまった場合は子供が居ると養育費も支払う必要があるので、不倫を行う際は相当の覚悟が必要です。
親権も相手側に取られてしまう可能性が高く、最悪子供に全く会えなくなる事も予想されます。リスクは相当に高いと言えるでしょう。
次に浮気ですが、これは彼氏や彼女が居るのに他の相手とデートや性行為を行う事に該当します。
付き合っているだけだと慰謝料の請求はありませんが、同棲で内縁状態だったり、婚約していると浮気でも慰謝料を請求されてしまう可能性があります。また浮気はばれない様にすれば良いという訳でもありません。浮気をする事により本当に大切な相手と別れてしまう可能性も出てきますので、注意が必要です。また本気になってしまうと自分が別れたくても別れてくれない事や逆も起こり得ます。そうなると彼氏や彼女に関係をばらして、本命になろうとして来る事も考えられます。実際にその様な行為に及ばれた場合、修羅場に発展してしまう可能性が高く、共通の友人が居る場合、交友関係にも傷が付く可能性も出てきます。
この様な障害を考えるときちんと別れてから次の相手を探す方がリスクがありません。
愛人は上記とは異なります。上記は主に心が付いてくる物でしたが、愛人はお金で恋愛する関係になります。男性が女性に対してお金を支払う事により関係を持つのが愛人です。愛人はビジネスに近いと言えるでしょう。特に男性の収入が高額だと簡単に作れてしまうので、女性側は注意が必要です。しかし、相手は心で付き合っている訳ではないので、関係としてはあっさりしていると言えますが、納得ができるものではないでしょう。お金を振込みで支払っている場合は、通帳や口座を抑えてしまえば、見つける事は容易いですが、手渡ししている場合は証拠を見つける事が難しいです。パートナーに不審な行動を感じたら出来るだけ口頭で確認する事が大切です。